医薬品を購入する

注意が必要な薬

薬は、大きく分けて「医療用医薬品」「要指導医薬品」「一般医薬品」の3つに分類されます。
ここでは、前者2つについて説明していきます。

「医療用医薬品」とは、必ず医師が患者の病状などを見て処方箋を出し、それに基づいて薬剤師が調合する薬のことです。
副作用のリスクがあるため、書類での説明も義務付けられています。

「要指導医薬品」とは、先ほどの医療用医薬品から一般医薬品と認定されて間もない薬の分類です。
副作用のリスクが不確定なために、薬剤師からの書類による説明が必須です。
現在では一部のアレルギー薬、解熱鎮痛剤などがこれにあたります。

これらの医薬品は、対面で書類による説明が必要なため、ネットでの通販で購入することはできません。

一般医薬品の種類を知ろう

私たちが最も身近に使用する機会があるのは、この一般医薬品です。
実は、一般医薬品の中でも3つに分類されています。

第一類、第二類、第三類と分類されていて、その基準は主に副作用や使用実績です。

第一類医薬品は、副作用のリスクが他の一般医薬品に比べて高く、服用には注意が必要なものが分類されています。
また、それまでの使用実績が少ないものも第一類医薬品に入ります。
そのため、薬剤師からでなければ購入できません。
一部の解熱鎮痛剤、毛髪剤がこれにあたります。

第二類医薬品は、第一類ほどでないにしろ副作用や飲み合わせに注意が必要です。
第二類医薬品の場合は許可を受けた登録販売者からでも購入することができます。
一般的に風邪薬と言われるもの、解熱鎮痛剤などが分類されます。

第三類医薬品は、第一類と第二類以外のもので、多少注意すれば安全に使用できるものです。
特に説明等は必要なく、ビタミン剤や整腸薬などがこれに入ります。


この記事をシェアする