薬の通販とは?

どうしてネット通販?ルールは?

今まで第三類医薬品以外のネット通販を禁止していましたが、平成26年からは一般医薬品はほぼ全てネットで購入することが可能となりました。
これが認められた背景としては、ネットでの市場拡大による経済発展が主ですが、これまでは安全上の問題から先送りされていました。
このため、ルールを決めて薬事法を改正し、ようやく販売が可能になったということなのです。

ネットで医薬品を販売する場合の最も大きなルールは、必ず実際に店舗のある店のみがネット販売を行える、というものです。
ネットのみの店舗は認められていません。
そして、この実店舗には薬剤師か登録販売者が常駐していることが定められています。
ネットで販売できる医薬品は、店舗に陳列されているものであることや、電話などのネット以外での相談手段を準備していなくてはなりません。

他にも、サイトに店舗名や連絡先、認可証、販売者名を記載するなどの厳しいルールが定められています。

購入方法を知ろう

さて、実際にそういったネットで医薬品を購入したい場合は、どうすればよいのでしょうか。
ここでは、購入方法について見てみましょう。

例えば、一般医薬品の中でも特に必要な第一類医薬品を購入する場合の購入の仕方を見てみましょう。
購入者は、販売サイトの薬剤師に自分の症状や状態を伝えます。
氏名や性別といった基本情報に加えて、副作用の有無や医療機関の受診の有無などを伝えます。
薬剤師側は、薬の量や用法など、個別に必要な説明を行います。
購入者は、その情報を確認し必要なら質問や相談をします。
全て確認ができたら、商品の発送となります。

このように、医薬品のネット販売には通常のものの通販よりも多くのルールや安全のための手順があります。
これらは、自分の健康を守るためにも大切なことなので、よく確認すること、分からなければ相談することを徹底しましょう。


この記事をシェアする